カテゴリ:夏(6〜8月)



自然 · 2021/07/19
 公園では8月8日(日)に「夜の虫ナイトトラップ」という生態調査、観察会を予定しています。18日にこの催しのトライアルしました。夜18:30より20:40ごろまで、NPO法人「ゆめたま」の相川さん指導のもと、ゆめたま仲間4人とボランティアが手伝って、夜の公園で活動する生き物たちを調べました。...

自然 · 2021/06/30
公園にはビワの木が何本かあります。 いつの間にか生えていて、実も生っていたという野生の木です。肥料もやらず自然のままですが、結構甘く、私たちボランティアも仕事の合間や観察会の途中で楽しんでいます。人間以上に楽しむ生き物がたくさんいます。これらの写真は早朝散歩に行かれる 大熊さんが撮ってくださいました。 一番よく来るのはメジロです。

自然 · 2021/06/12
 くわくわ森に入って行こうとしたら、トラ猫くんがお出迎えをしてくれました。カメラを出しても逃げなかったのでパチリと1枚、ありがとう!  今、森ではカシナガの被害による危険木を整理しています。 6月は高い所で枯れた木や、折れたかかり枝などの片付けです。 南部公園管理事務所から依頼された造園会社の人たちが、高い木に登り作業をしています。...

自然 · 2020/08/10
横浜市南部公園緑地事務所にお願いをして、見晴らしの丘にあるケヤキを伐採することにしました。 せっかく大きくなった樹木を伐採するのは心苦しいのですが、クリハラリス(台湾リス)に枝をかじられ木が弱り、大風が吹くたびに枝が落ちます。 ケヤキは枝がまとまって落ちるので、下にいる人に怪我をさせる心配もあり、思い切ってお願いしました。...

自然 · 2020/07/12
公園前の田んぼは稲も生えそろい。畦道の草も生い茂り出しました。 遠くから田んぼを見ると、なんの動きもないように見えますが、そばに行って見ると生き物がいてなかなか面白いです。 やっと学校に通い出した子供達も、面白いものを見つけようと、網を持って遊びに来ています。

自然 · 2020/06/18
 美味しそうな桃が並んで見える「ゆめたま」ハス畑。 天王森泉公園の弁財天前にある、NPO法人「ゆめたま」が管理する 田んぼ脇のハス畑での写真です。 朝早くだったので、花はまだ開ききらずコロンと丸く見えます。 ここのハスは八重のハスで、開くとゴージャスになります。 まだ蕾がたくさんありますから、これからが見頃になります。...

 · 2019/09/28
2019/9/25 パッションフルーツの実が何個かできました。 自然と枝から落ちていました。 これでも食べられるのですが、しばらく放置して 外側がシワシワになるまで待つと甘みが増すそうです。 最初はこの状態で食べましたが、少し酸っぱさがあり ましたが、種ごとボリボリ食べました。 まだまだ、10個近く実が出来ています。

自然 · 2019/08/05
天王森泉公園と境川遊水地公園との共催で、「水辺で遊ぼう生き物観察」が行われました。 和泉川の鍋屋橋付近で、毎年行われる恒例の人気のイベントです。 参加者40名(親子が参加)がボランティアからの注意事項を聞いてグループに分かれ、川の中の沢山のエビ、魚などを捕まえ、楽しい観察会になりました。...

 · 2019/08/01
天王森泉館は1911年(明治44年)清水製糸場の本館として作られました。清水製糸場は大正7年には 釜数128の神奈川県で5番目の規模の製糸場でした。そんな歴史のある建物なので、生糸に関しての質問もよくあります。 ここで働くボランティアも生糸について学ぶことにしました。...

自然 · 2019/07/26
遅咲きの山百合が森で咲いています。 今年は昨年に比べ、花をつけた株が多く、森の中で白い花が目立ちます。 昨年の台風で、コナラが倒れたり、クヌギの大枝が折れたりしたので、陽の光が森の中に差し込んできたからでしょう。 6月中旬に早咲きの山百合が咲き、7月中旬から遅咲きです。...

さらに表示する