紅白の彼岸花

野の花苑にヒガンバナが咲き始めました。

秋の彼岸の頃に忽然と現れて、真っ赤な花を咲かせるこの花は〔葉見ず花見ず〕とも呼ばれ、

葉は花の時期にはなく、花が終わると伸びて来て秋から春まで生い茂ります。

 

ヒガンバナが畑のあぜに植えられたのは、飢饉に備えて食用にするためとも言われています。

毒があるのにと思いますが、何回も水にさらして毒を取り去り、食用にしたようです。