ジャコウアゲハ産卵中

今日はジャコウアゲハの産卵中の写真です。

ボランティアのYさんが貴重なショットを撮りました。

ジャコウアゲハのメスが産卵するために仰向けに飛んでいます。  食草となるウマノスズクサの葉の裏に、3個産み付けられました。

 

ジャコウアゲハは夏までに2回から3回産卵をします。

4月から8月ぐらいまで、野の花苑で見ることができます。 次から次と卵が孵化し、幼虫がたくさん増えるので、それに見合った餌が必要となります。

草刈りをするときはウマノスズクサを刈り取らないように、細心の注意を払っています。

ウマノスズクサは毒草です、蝶はそれを食べて体内に取り込み、外敵から身を守ります。