カテゴリ:冬(12〜2月)



2020/02/12
 2月11日冬の野鳥観察会が行われました。青空のもと、総勢22人で天王森泉公園近辺と遊水地を回りました。 館前であつまっていると、駐輪場のそばの木にアオゲラ、コゲラ、メジロが木の幹についている虫を食べている姿が見られました。すぐそばで見られることに、参加者の皆さんは喜んでおられました。...

自然 · 2020/02/07
今年は暖冬で、霜柱の氷の花は諦めていましたが、 昨日の天気予報で、[夜中の温度がマイナスになる] と聞いてから、開園と同時に野の花苑に行ってみました。 やっと見られました、1月6日に霜柱の写真を撮った方がおられたので、この冬2回目の氷の花です。...

自然 · 2020/01/23
 天王森泉公園は開演から23年たち、くわくわ森の木々も大きくなっています。横浜市南部公園緑地事務所では、昨年秋から公園担当者とゾーニングのアドバイザー、ボランティアと話し合いをしながら公園保全計画を立ち上げました。 1月から皆様に楽しんでいただきながら、危険のない公園にする為の作業が始まりました。...

2019/12/31
あけましておめでとうございます 今年の干支は「子」ネズミです。 天王森泉公園の新年の輪飾りを作り続けて13年になります。 前年の秋ぐらいから素材を考え、輪飾りに仕立て上げるのですが、さっとできる時と12月に入っても考えが浮かばない時があります。 昨年夏に、製糸場だった館の勉強をし、そこで座繰り機を使って繭から生糸を取り出す体験をしました。...

行事 · 2019/12/23
12月22日 恒例のすす払いを行いました。 普段は、常駐のスタッフがこまめに掃除しておりますが、手の届きにくい高いところの壁やガラスなどを重点的に、ボランティア12名が参加し大掃除を行いました。 来園されるお客様に喜んでいただけるよう頑張りました。

 · 2019/12/23
12月20日 横浜深谷台小学校6年生の校外学習の一環として、当公園と交流会を行いました。 今回は、第一回ということで、公園の歴史・特徴・森の見学と短い時間でしたが、皆さんと交流が出来てボランティア一同大変良かったと思います。 第二回目の交流会が楽しみです。

自然 · 2019/12/18
弁財天の水に浮いていた。 ときどき羽を動かしていたので、枯れ枝で救出した。 家へ帰って調べたら、成虫越冬するということなので、越冬できればいいな!

行事 · 2019/12/17
10年目の七草鉢づくり、朝は北風でしたが陽が上がるにつれてほどよい気温となり、20名の作り手たちは頑張りました。   七草の準備として、9月上旬スズナ(カブ)スズシロ(大根)のタネを小さなポットに蒔き育てます。 11月に竹林の竹を切り出し、鉢を作って乾燥させておきます。この時、竹の名札も作ります。...

自然 · 2019/12/04
 自然観察会の昼食後、下飯田遊水池に30羽ぐらいのカワウが集まり、まとまって泳いでいました。 そのうちどんどんと集まりだし、最終的には90羽近くのカワウが一斉に同じ方向に向かって、白波を立てたり潜水を繰り返したりと、集団行動を繰り返しています。  これは浅瀬に魚を追い込む「カワウの追い込み漁」と言われるもので、とても迫力がありました。...

自然 · 2019/02/23
見晴らしの丘の河津桜は少しほころびかけ、あと2.3日すると濃いめのピンク色の花が全体に開きそうです。 柔らかな日差しの午後、リコーダーの練習に励んでいる、のどかな風景も見られるようになりました。 館では吊るし雛の可愛い飾りが来園者に喜ばれていますが、裏庭でも【野の花苑】の草木たちが花開き、皆様の目を楽しませてくれています。...

さらに表示する