カテゴリ:冬(12〜2月)



自然 · 2021/01/14
冬の公園は植物は少なくなります。ソシンロウバイだけは元気よく花開き、馥郁たる香りを漂わせてくれます。梅の蕾も丸くふくらみ、フクジュソウの花芽も顔を出しました。 くわくわ森のカシナガ被害樹木が2月から伐採されることになり、30本ぐらい切り倒すので、大変な作業になります。 森の景色もガラッと変わると思いますので、記念に撮影しておきました。

行事 · 2020/12/20
 今年の春の七草竹鉢作り、コロナの影響で講習会は開かず、準備した竹鉢と、7種類の植物をお渡しするだけにしました。 初めての方もいらっしゃるので、講師の飯村先生が簡単な説明をしてくださり、あとは自宅で製作していただきます。...

自然 · 2020/12/17
朝の天気予報で、「気温が氷点下でした、風もなく晴天です」と聞き、カメラを持って公園に向かいました。 9時のオープンを待って野の花苑へ。 今年初の氷の花がたくさんできていました。 昨年は、シモバシラの茎の切り方が短すぎ、 氷の花が小さかったので、今年は茎を長めに 残しました。...

自然 · 2020/12/06
 春のタケノコ祭りで食べる、美味しいタケノコを育てるために、今のうちに竹林の手入れをします。  竹林は、傘をさして歩けるくらいの間隔で生えていると良いと言われています。  8人のボランティアで不要な竹を23本間伐し、一部は斜面地の土止めとして使い、残りは竹工作や補修作業用に残しました。...

2020/02/12
 2月11日冬の野鳥観察会が行われました。青空のもと、総勢22人で天王森泉公園近辺と遊水地を回りました。 館前であつまっていると、駐輪場のそばの木にアオゲラ、コゲラ、メジロが木の幹についている虫を食べている姿が見られました。すぐそばで見られることに、参加者の皆さんは喜んでおられました。...

自然 · 2020/02/07
今年は暖冬で、霜柱の氷の花は諦めていましたが、 昨日の天気予報で、[夜中の温度がマイナスになる] と聞いてから、開園と同時に野の花苑に行ってみました。 やっと見られました、1月6日に霜柱の写真を撮った方がおられたので、この冬2回目の氷の花です。...

自然 · 2020/01/23
 天王森泉公園は開演から23年たち、くわくわ森の木々も大きくなっています。横浜市南部公園緑地事務所では、昨年秋から公園担当者とゾーニングのアドバイザー、ボランティアと話し合いをしながら公園保全計画を立ち上げました。 1月から皆様に楽しんでいただきながら、危険のない公園にする為の作業が始まりました。...

2019/12/31
あけましておめでとうございます 今年の干支は「子」ネズミです。 天王森泉公園の新年の輪飾りを作り続けて13年になります。 前年の秋ぐらいから素材を考え、輪飾りに仕立て上げるのですが、さっとできる時と12月に入っても考えが浮かばない時があります。 昨年夏に、製糸場だった館の勉強をし、そこで座繰り機を使って繭から生糸を取り出す体験をしました。...

行事 · 2019/12/23
12月22日 恒例のすす払いを行いました。 普段は、常駐のスタッフがこまめに掃除しておりますが、手の届きにくい高いところの壁やガラスなどを重点的に、ボランティア12名が参加し大掃除を行いました。 来園されるお客様に喜んでいただけるよう頑張りました。

 · 2019/12/23
12月20日 横浜深谷台小学校6年生の校外学習の一環として、当公園と交流会を行いました。 今回は、第一回ということで、公園の歴史・特徴・森の見学と短い時間でしたが、皆さんと交流が出来てボランティア一同大変良かったと思います。 第二回目の交流会が楽しみです。

さらに表示する