蚕(かいこ)のはなし*完全変態する昆虫

(卵→幼虫→さなぎ→成虫→蛾)

 

蚕(かいこ)は蛾(が)の幼虫であり呼び方は1頭と呼びます。卵から幼虫が出ることを「孵化(ふか)」 といいます。早朝・夜明けとともに始まり、幼虫の期間はおおよそ25日位です。幼虫が最も成長するのは羽化時(幼虫がさなぎになる)で1万倍の大きさになり、体長は25倍にもなります。大きくなったカイコの体の中には絹糸腺(けんしせん)という一対のタンパク質の製造工場があります。桑の葉を食べ、その中にふくまれるタンパク質、アミノ酸、炭水化物などを材料として、絹糸腺という器官に取込み、フィブロインとセリシンという絹のもとになるタンパク質を作ります。 この工場ことを「繊維の女王・シルク」のふるさとです。 カイコの顔の真ん中には、エサを食べる口と糸を吐き出す口の2つがあり、糸の吐き出し口のことを吐糸口(としこう)と呼びます。糸を吐く早さは、1秒に0.5〜1㎝で、太さは、0.02ミリほどの太さです。だんだん繭の層が厚くなっていきます。約2昼夜を費やして、1,300〜1,500mにおよぶ繭糸を吐き繭を作り上げます。繭は8の字やS字に吐くとよく聞きますが、実際には糸の先を周りにはりつけて足場を固定してから、頭をㇵの字に動かしながら糸を引き吐き出しています。からだから引き出される時に、糸が細くなり、からだの中で液体だったものが繊維化して糸になります。また、糸を引き出す時の強さや角度の違いが糸の性質に変化を与えます。左右の絹糸腺(けんしせん)で作られたフィブロインは、セリシンで表面を被われ一本の糸となります。一本のフィブロインは、さらに細いフィブリルのたばで作られ、そのフィブリルもさらに細いミクロフィブリルのたばでできています。この、たくさんの糸のたばでできていることにより、独特のかがやきや、やわらかさが生まれます。しなやかなフィブロインの束(たば)のなかに、無数のプリズムがあり、複雑に屈折(くっせつ)が変化するので、やさしい光沢になるのです。

蚕1頭が幼虫期間中に食べるクワの葉は約21グラム~25グラム。幼虫が繭(まゆ)を作るまでに4回の脱皮をします。繭1粒の重さは約2gで、約0.4gの生糸がとれます。(繭の色は、白・緑・薄紫色などがあります)糸を吐き終わったカイコは2~3日で蛹(さなぎ)になり、約10日で成虫(蛾)になります。卵は約2週間後にかえるものと、次の春までかえらないもの(1化性)があります。蚕はウイルスやカビに弱いので清潔な環境で生育させる必要があります。1頭の蛾は約500粒の卵を産み、蛾は飲食せず、1週間程度で一生を終わります。

※繭の外がわをおおっている真綿のように見える糸は、 

 カイコが繭を作るときに吐いた足場糸です。

繭層を取り囲んでいる足場糸を取り除き・・・取り除いた繭糸を毛羽(けば)といい、

繭毛羽は精錬されずに紡績され、織物、編物などになった後、精錬します。

やわらかく膨らみを持ち、暖かい、などの利点があります。



まゆ知識

カイコのまゆは「フィブロイン」と「セリシン」という2種類のたんぱく質からできています。フィブロインは絹糸になります。セリシンはまゆの形をつくる接着剤の働きをしているため、絹糸にする工程では必要なく、捨てられていました。

しかし近年、いろいろな研究の中で、セリシンが体に対して優れたはたらきがあることがわかり、注目を集めています。

セリシンの機能

古くから製糸や絹織物工場の従業者は冬の水仕事でも、手肌がきれいであった事実が知られています。これは溶け出したセリシンが素手で作業を行っている人達の皮膚ケア機能を果たしていたからです。

これまでに明らかにされているセリシンの生理機能を大別すると次のようになります。

医薬品分野 抗炎症作用、皮膚癌抑制作用、紫外線による皮膚障害の抑制作用
食品分野 便秘改善作用、ミネラル吸収促進作用、
大腸癌抑制作用、血糖値抑制作用
化粧品分野 抗酸化作用、保湿作用、美白作用
繊維加工分野 接触皮膚炎(アトピー性皮膚炎)抑制作用
細胞工学分野 動物細胞増殖促進・保護作用

参考文献/加藤範久 広島大学教授 セリシンシンポジュウム2004.7


製品化する繭を得るには・・・

養蚕農家はカイコが繭を作ってから羽化する前に、蔟(まぶし)から繭をかき出します(収繭)。

蛹化して日数が経たないときは、蛹がやわらかいため、体液で繭の内側がよごれ、羽化後では繭に穴があいて*糸が切れたり、繭に汚れが発生します。繭をつくり始めてから約10日後は、蛹の皮膚が堅くなっているため、収繭するのに好都合です。

*カイコが羽化するとき、成虫が繭内から繭層を湿らせてセリシンを溶かし、繭糸と繭糸の間隔を広げ、繭糸を切らずに成虫が出てきますが、糸がまったく切れない訳ではありません。

糸が切れる、汚れるなどで糸繰りに手間がかかるため、繭をつくり始めてから約10日後に収繭します

🔎豆知識

カイコの品種は約3,000種以上あると言われていますが、日本では「春嶺鐘月」「錦秋鐘和」という品種が主に飼育されています。 

 

 

お父さんのネクタイは繭がいくつあればできるのかな?

    ⇩

    ⇩

    ⇩

ネクタイ1本には約140個!

着物には約3000個も必要なんですよ!