カテゴリ:春(3〜5月)



自然 · 2021/05/17
 梅雨空のような天気でしたが、野鳥観察会を行いました。冬の観察会は、コロナと天気の都合で中止となり、今年初めてです。できるだけ距離を取りながら行いました。...

自然 · 2021/04/22
 中和田南小の2年生が、生活科「季節さがし」の授業で天王森泉公園に春を探しにに来ました。 気温25度の初夏の気候でしたが、子供達は元気に野の花苑、竹林、見晴らしの丘、くわくわ森と春を探して歩きました。  最後に公園のもち米を作る田んぼに行き、田おこし前のレンゲソウを摘んだり、カエルを捕まえたり楽しい体験をしました。...

自然 · 2021/04/12
 本来なら3月中に行う森西側脇側溝の草刈りですが、土日のたびに雨になり4月に入ってしまいました。機械でやるならあっという間ですが、今の時期、生き物も大事な植物も元気に生育中。かといって草ボーボーでも通行人には迷惑をかけるので、地味に手刈りで行うことになりました。...

自然 · 2021/03/25
公園の桜が次々と咲き大ました。右の写真は初めて撮ったくわくわ森のベンチ側の山桜です。 いつもは、そばにあるクヌギ・コナラの木々に隠れ、目立たなかったのですが、カシナガ被害の伐採のおかげで、よく見えるようようになりました。 見晴らしの丘のエドヒガン、白やピンクの山桜、野の花苑の山桜, 色々な桜が見られます。...

2021/03/02
 くわくわ森の西側の側溝はゲンジボタルが5月中旬から飛び始めるので、草を刈るくらいで泥上げもしていませんでした。  数年前、街灯がLEDに変わってから、光が強すぎホタルが繁殖できなくなり、あっという間に数が減りました。  側溝には山からの土砂が流れ込み、溜まってきたので、今回泥上げをすることになりました。...

自然 · 2020/05/31
 5月下旬、野の花苑に咲いているマーガレットの花の写真を撮ろうとしたら、黄色で蜜の多い筒状花の上に、いろいろな虫たちがそれぞれ乗っていました。 まるでレストランの丸テーブルについているみたいでした。...

自然 · 2020/05/15
 くわくわ森のキンラン・ギンランは終わり、森のシャンデリアと言われるエゴノキの花が開き始めました。 2㎝大の白い花が枝先に下がり、花の蜜を求めてマルハナバチたちが飛び回っています。 ブンブン羽音を立てて飛ぶ丸っこくって大きめハチは花蜂の仲間でコマルハナバチ、静かにしていれば人は刺しません。...

自然 · 2020/04/28
 新型コロナウィルスで、外出は控えるようにしていますが、健康のための散歩は構わないということで、天王森泉公園にもお出かけくださる方が、増えたように思えます。 森の中で植物調査をしていると、「初めて来た」とよく声をかけられるようになりました。  今の時期、ただ歩くだけでなく林床の野草を探しながらの散歩が楽しめます。...

自然 · 2020/03/27
コロナウィルス感染予防のため、天王森館は閉館しており、4月5日予定の「天王森泉公園の花を楽しむ」行事も中止になりました。 けれども「野の花苑」「見晴らしの丘」「くわくわ森」は自由に散歩していただけます。...

自然 · 2020/03/10
館の裏庭に池があります。公園では通称「大池」と呼び、 せせらぎから流れ込む湧水が良い景観を作っていました。 公園が斜面地であるため、山からの土や遊歩道に撒いた砂 などが流れ込み、ここ数年、池というより湿地帯のようになっていました。 そこで、公園のアドバイザー NPO法人「Dream eggs...

さらに表示する