自然

自然 · 2019/05/16
5月15日公園の自然観察会が行われました。 参加者11人、前日降った雨でしっとりした緑の中を観察して回りました。 雨上がりのためカタツムリが目につきました。 カタツムリは子供達はでんでん虫ともよんでいますが、生物学での正式な名前はマイマイと言われ、巻き貝の仲間です。 よく目につくのは左の写真、ミスジマイマイですが...

自然 · 2019/04/28
長いゴールデンウィークに入りました。 遠いところへ出かけなくても、近くの森で 綺麗な花が楽しめます。 くわくわ森のキンランが一斉に咲き出しました。  公園ができた頃は、森の下草刈りを機械で行なっていましたので、キンランも数本見られるだけでしたが、10年前から手作業で下草狩りを行なっていたところ、花の数がどんどん増えてきました。...

自然 · 2019/04/08
天王森泉公園 新年度の1番目の催し物 「天王森の花を楽しみましょう」が、お天気に恵まれ楽しく催されました。 参加者、ボランティア含め22名、メモ用紙片手に、くわくわ森、見晴らしの丘、野の花苑と見て回りました。 森へ入る前の道路ぎわから、野の花が咲いていて2時間はあっという間に過ぎてしまいました。...

自然 · 2019/03/30
今年はコブシが咲くと同時に、ヤマザクラの花が満開になりました。 近くのソメイヨシノはまだ3分咲きというのに。 昨年せせらぎのシラカシ3本を伐採したおかげで、今年はヤマザクラ全体を綺麗に見ることができます。 見晴らしの丘のコブシ、アセビ、ユキヤナギ、アンズ、エドヒガンザクラ、と眺め下りてくるとヤマザクラの巨木が目に入ります。...

自然 · 2019/03/22
昨年3月、林床とせせらぎ周辺の日照条件をよくするために、南部公園事務局で樹木の間伐を行いました。左の写真はその時の写真です。 それから1年が過ぎ、間伐跡がどのように変化しているのか調査をしました。 台切りした常緑樹からは新芽が伸び、こんもりとしていましたし、落葉樹も新芽がふくらんでいました。...

自然 · 2019/03/16
館裏庭の木々の剪定をしました。 花の終わった梅などと、大きく茂った樹木を男性が担当し、ロウバイやナンテンなどの低めの木々を女性が担当して手入れをしました。 今回は15人のボランティアが集まったので、いろいろな作業がはかどり、お昼までに作業を終えることができました。

自然 · 2019/02/23
見晴らしの丘の河津桜は少しほころびかけ、あと2.3日すると濃いめのピンク色の花が全体に開きそうです。 柔らかな日差しの午後、リコーダーの練習に励んでいる、のどかな風景も見られるようになりました。 館では吊るし雛の可愛い飾りが来園者に喜ばれていますが、裏庭でも【野の花苑】の草木たちが花開き、皆様の目を楽しませてくれています。...

自然 · 2019/02/10
晴天の真冬日、一般参加者19名、ボランティア8名で、天王森泉公園、公園前の田畑及び境川遊水地公園の野鳥を観察しました。 観察種 35種+外来種1種 カモ8種 下飯田遊水地でヨシガモ♂4、オナガガモ♂1、キンクロハジロ♀1などが見られました。 双眼鏡だけでなくフィールドスコープで、はっきりと鳥を見ることができ喜んでおられました。

自然 · 2019/01/23
今日は森の見回りの日です。 散策路の掃除や、不具合箇所を見つけて報告などをしています。 ボランティアの作業日に、草刈りや落ち葉掻きなどをしていますが、それでも手の回らないときは、見回りをしながら手入れをしています。 今は北入口のロウバイが満開です。...

自然 · 2019/01/12
作業の金曜日、くわくわ森で落ち葉掻きをしました。 今年は秋の台風の影響で、落ち葉が少なく いつもの年の半分ぐらいしか集まりません それでもガラ袋に詰め込み、リヤカーで野の花苑の堆肥置場に運び込みます。 一方野の花苑では、花壇の用土として使うため、1年間詰まっていた堆肥を取り出して袋の詰め込みます。 その時、堆肥箱にはカブトムシの幼虫が...

さらに表示する