行事 · 2023/01/21
今年の新年研修会は、餅つき研修です。12月の天王森もちつきでは、今までボトルネックだった持ち切り工程を増強したため、蒸し工程が間に合わなくなったため、三段蒸しの研修と初めてのボランティアが各工程に入って実際に計測しながら餅つきを行いました。...

自然 · 2023/01/18
当園の生息環境保全担当のがんさんに呼ばれ、弁財天山の雑木林の入口で、越冬するキタキチョウを始めて紹介されました。 寒さにも耐えて越冬できるのはとても凄いことです!...

自然 · 2023/01/05
明日1月6日は二十四節気の小寒です。暦の上で寒さが厳しくなる時期の前半で、この日から節分の前日までを「寒」と言い、この日を寒の入りとも言います。暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となり、この期間の季語が「蝋梅」です。...

自然 · 2022/12/26
 今年のシモバシラの氷の花は、25日に初めて出現。今日も出ています。 12月に入って雨が少ないので、水分不足の小さめですが、根本から20cmぐらいまで氷が付いていました。  朝の気温が1〜2度、晴天、無風の条件 が揃わないと見られません。 公園開園時間の9:00〜10:00までの短い時間ですが、近場で見られますのでお出かけください。

 · 2022/12/25
12月25日(日)10時より集合して避難訓練を実施した後、恒例のすす払いを行いました。 普段手の届かない高いところなどを脚立や高圧洗浄機などを利用して、丹念に磨き上げました。 野の花苑の倉庫も中の物を全て取り出して整理整頓し、2時間掛けて、ボランティア16名が年末の大掃除を行いました。 当日は、ピザ窯を出してピザを焼き作業終了後に全員で頂きました。...

行事 · 2022/12/24
2022年天王森そば同好会の今年最後活動は、クリスマスプレゼント用の生そば作りでした。 更科そばの芯の白い部分を使用し、作るのが大変難しい更科そばをWhite sobaとして、家族にプレゼントするそうです。 そば同好会の有志が朝9時からこね始め11時にはおいしそうな生そばが出来上がっていました。...

自然 · 2022/12/16
 毎年恒例の腐葉土の取り出しです。野の花グループの皆さんで堆肥箱にできた、腐葉土を取り出し花壇の肥料とします。  森の落ち葉を1年間寝かしておくと、この中にカブトムシが卵を産み、12月の今頃には丸々と太った10cmくらいの幼虫がたくさん出てきます。幼虫を傷つけないように、小さなシャベルと手で土をかき出しバケツから土嚢袋に移します。...

自然 · 2022/12/14
もちつきも終わり、今年もすす払いの行事だけとなった天王森泉公園も、北風の強い寒い朝となりました。水曜日会のボランティアが湧水の森でタヌキを見掛けたとの事。タヌキは弁天坂をゆっくりと上がっていったそうです。きっと坂の上に住み家があるのでしょう。...

行事 · 2022/12/04
12月4日、開園25周年記念 収穫感謝祭の天王森もちつきを開催いたしました。 この行事は、地域住民の皆さんに好意的に受け止められ、期待感も高く今日まで継続して実施していますが、昨今のコロナ禍に対し対策を万全に実施し、また、「密」を避けるために子供餅つき体験を中止して実施しました。...

 · 2022/12/03
 公園内のユズ2本から実を収穫したところ、約25kもありました。 この実はボランティア用に、作業の合間のユズ茶にしたり、ジャムとしてお分けしています。  水曜日に男性グループが収穫してくれたユズを、野の花会のメンバーが1日掛けてジャムにしました。  空き瓶を集め煮沸消毒をし、準備を整えて皮むき開始です。...

さらに表示する