自然 · 2021/01/14
冬の公園は植物は少なくなります。ソシンロウバイだけは元気よく花開き、馥郁たる香りを漂わせてくれます。梅の蕾も丸くふくらみ、フクジュソウの花芽も顔を出しました。 くわくわ森のカシナガ被害樹木が2月から伐採されることになり、30本ぐらい切り倒すので、大変な作業になります。 森の景色もガラッと変わると思いますので、記念に撮影しておきました。

行事 · 2020/12/20
 今年の春の七草竹鉢作り、コロナの影響で講習会は開かず、準備した竹鉢と、7種類の植物をお渡しするだけにしました。 初めての方もいらっしゃるので、講師の飯村先生が簡単な説明をしてくださり、あとは自宅で製作していただきます。...

自然 · 2020/12/17
朝の天気予報で、「気温が氷点下でした、風もなく晴天です」と聞き、カメラを持って公園に向かいました。 9時のオープンを待って野の花苑へ。 今年初の氷の花がたくさんできていました。 昨年は、シモバシラの茎の切り方が短すぎ、 氷の花が小さかったので、今年は茎を長めに 残しました。...

自然 · 2020/12/06
 春のタケノコ祭りで食べる、美味しいタケノコを育てるために、今のうちに竹林の手入れをします。  竹林は、傘をさして歩けるくらいの間隔で生えていると良いと言われています。  8人のボランティアで不要な竹を23本間伐し、一部は斜面地の土止めとして使い、残りは竹工作や補修作業用に残しました。...

自然 · 2020/11/30
 天王森館と弁天の森の間に細い坂道があり、弁天坂と呼んでいます。秋深くなると弁天の森からクヌギ、コナラの落ち葉とドングリが路面に落ち歩きにくくなります。  普段はブロワーで落ち葉を吹き飛ばしていますが、落ち葉の量も増え、枯れ草の草刈りもしなくてはと、ボランティアが集められました。...

 · 2020/11/23
野の花苑にあるユズの木は、今年は生り年らしくたくさん実がつきました。 毎年この実を収穫してジャムを作り、ボランティアに分けています。 21日金曜日ボランティアの作業日に、トゲだらけの木から収穫してもらいました。大きくきれいな実が20Kも採れ、早速ジャム作りに突入です。 ジャムを楽しみにする皆さんから空き瓶を集め、煮沸消毒をして準備。...

行事 · 2020/11/15
今年の2月以来、久しぶりのイベントで、 天王森まつり(縮小開催)を開催しました。 来園された方々には、コロナ対策として、検温、手指消毒、利用申告書を書いていただきお手数をお掛けしました。...

自然 · 2020/11/02
天王森泉公園公園の田んぼは稲刈りも終わり、ハザがけをして自然乾燥の真っ最中です。 もうしばらくすると脱穀が始まり、美味しいもち米が出来上がります。 館前の田んぼでは、ハザがけをせずに脱穀を行なっていました。 見ているとダイサギが物欲しそうに、脱穀機のそばでウロウロしています。...

行事 · 2020/10/18
当公園が管理する田んぼで、稲刈りを行いました。 例年ですと幼稚園、一般参加者による稲刈り体験を 行う予定でしたが、今年は、コロナ禍の状況の為、 体験は中止とさせていただきました。 その為、ボランティアだけで稲を刈り(機械)、はざ掛けを行いました。 今年の稲の出来ばえは、心配した天候の影響も少なく良くできました。

自然 · 2020/10/10
僕はヤマガラ。 天王森泉公園は僕の大事な住処だ。 ここには大好きな餌のなるエゴノキがたくさんある。人間たちは、「エゴノキの実のタネは硬く、えぐい味がするのに」と言っているが、僕は足で押さえながら、くちばしでコンコンやれば食べられるのさ。だから木の下にはカラがたくさん落ちているでしょ。...

さらに表示する