[昆虫 ]観察範囲を田んぼ、遊水地、和泉川まで広げています

館の前庭にはウスバキトンボが20〜30匹群れを成して飛んでいます。

野の花苑では花の蜜を吸うためにいろいろな昆虫がみられます。


ウスバキトンボ  館前庭 9/23

キムネクマバチ 野の花苑 9/23

ホシホウジャク 野の花苑 9/23

ナミアゲハ  くわくわ森 9/16

クロアゲハ 野の花苑 9/23

 

オオミズアオ  野の花苑 9/16

シマアメンボ  くわくわ森側溝 9/6 湧水の流れにいます。よく見ると模様が人の顔に見えます。

昆虫ではないけれど

ジョロウグモ くわくわ森 9/6

マダラマルハヒロズコガ くわくわ森 9/6

つづみ型をしたミノムシ

チャイロスズメバチ くわくわ森

9/6 今年はこのスズメバチが増えています。オオスズメバチやキイロスズメバチの巣を乗っ取り、暮らすそうです。

キバラヘリカメムシ くわくわ森

9/6 マユミの葉や実についています。

 

幼虫 成虫と姿が違います

ノコギリクワガタ くわくわ森 9/6 蜜を吸っている♀を♂がしっかりガードしていました。

ミカドトックリバチ 野の花苑 9/6

ハラビロカマキリ くわくわ森 9/6 カマキリの上にあるのが

ハラビロカマキリの卵嚢です

ツマグロヒョウモン♀ 野の花苑

9/9 産卵をするため、スミレのそばを飛んでいました。

 

コチャバネセセリ 野の花苑  9/6

コムラサキ  俣野遊水地  9/6

ヤナギの葉を食草とします。

キマダラセセリ 野の花苑  8/29

イチモンジセセリ 野の花苑  8/29

コミスジ  くわくわ森  9/6

ヤマトシジミ  くわくわ森  9/6

 

ヒメウラナミジャノメ 野の花苑

9/6 

サトキマダラヒカゲ  くわくわ森  8/2

アカボシゴマダラくわくわ森 9/6

アサマキシタバ くわくわ森 9/6

キマダラカメムシ幼虫  見晴らしの丘 9/6 

ミスジマイマイ くわくわ森 9/6

アオスジアゲハ くわくわ森 8/2

ナガサキアゲハ 野の花苑 7/8

キタキチョウ 見晴らしの丘 9/6 

オニヤンマ  野の花苑  9/6

オニヤンマの止まり方はぶる下がり型

オオシオカラトンボ♂  野の花苑 8/20  翅を開きますが止まり方はいろいろです。

オオシオカラトンボ♀  野の花苑

8/2  オオシオカラトンボは木陰の森に近いところで飛びます。

シオカラトンボは田んぼで見かけます

アキアカネ 弁天坂  8/2

アキアカネハ胸の黒い線の先が尖っています。ナツアカネは先が角張っています。

オオヒラタアブ  野の花苑 9/6

 

ツチイナゴ  俣野遊水地 9/6

ショウリョウバッタ 見晴らしの丘

9/6

オンブバッッタ♀♂ 見晴らしの丘 9/6 色が違うのは育った環境の違いで、体の大きい方が♀



[爬虫類・その他 ]観察範囲を田んぼ、遊水地、和泉川まで広げていま

 


クリハラリスの巣 館前庭 9/6

玄関脇の大きな梅の木にリスの巣が見つかりました。葉が茂っているときは分かりませんでしたが、葉が落ち始めると大きな塊でした。

鳥の巣は枝だけですが、リスは葉もついています。

ヌマガエル  野の花苑 9/16

ニホンアマガエル 野の花苑 

9/6   今年6月田んぼで生まれた1.2cmの大きさです。これよりも小さな時、館前の道路を渡って森や、野の花苑、見晴らしの丘に来るのです。

カナヘビ  野の花苑   9/6

昆虫を捕まえたばかりでした。

口に咥えています。



2022年2月15日 森西側側溝の泥上げをする前に調査をしました。

サワガニ、ガガンボヨウチュウ、ヨツメトビケラの巣、カワニナ、シジミが見つかりました。