春(3〜5月)


緑のカーテン・ゴーヤ棚設置

今年も館前庭に緑のカーテン・ゴーヤ棚を設置しました。近隣の農園から4株分けていただき植え付けました。
鮮やかな緑のカーテンと美味しいゴーヤが早くも楽しみです!!

落ちないで!

 

  ニホンアマガエルくんは、このクレマチスがお気に入りらしく、

  いつもここで昼寝をしていて、この格好でよく落ちないな!

  と感心します。

 

  子供達が来て、「カエルを見たいというときは」

  ここを探せば必ずいます。

ハクセキレイが巣立ちました。

ジャコウアゲハ産卵中

今日はジャコウアゲハの産卵中の写真です。

ボランティアのYさんが貴重なショットを撮りました。

ジャコウアゲハのメスが産卵するために仰向けに飛んでいます。  食草となるウマノスズクサの葉の裏に、3個産み付けられました。

 

ジャコウアゲハは夏までに2回から3回産卵をします。

4月から8月ぐらいまで、野の花苑で見ることができます。 次から次と卵が孵化し、幼虫がたくさん増えるので、それに見合った餌が必要となります。

草刈りをするときはウマノスズクサを刈り取らないように、細心の注意を払っています。

ウマノスズクサは毒草です、蝶はそれを食べて体内に取り込み、外敵から身を守ります。

                           

 

 

ジャコウアゲハ

 

4月半ばに飛び始めたジャコウアゲハですが

食草となるウマノスズクサも少しづつ育っているので、のぞいてみました。

1枚の葉に1ミリほどの卵が1〜2個付いていて

穴のあいた葉を見ると、5ミリ大の幼虫が葉を食べていました。

これからどんどん増えていくのでしょうか。

ウマノスズクサも早く育って!

野鳥観察会

昨日の大雨の後、不安定なお天気を気にし

ながらも、参加者15名(ボランティア含む)

で公園近隣と、遊水地を観察しました。

公園定住のハクセキレイに見送られて出発

しましたが、お天気のせいか、

野鳥が少ない!

カモ類がいないのは仕方ありませんが、見慣

れた鳥たちも少なく、お昼までになんとか

21種類の鳥を見つけました。

なかでも遊水地で抱卵しているコチドリを

見つけられたのは良かったです。

ヤマサナエ

水路で見つかりました。

見つけた人は、昆虫類が最も苦手な

スタッフさん。

いつもなら逃げ出す人が、「今年初めてだし

珍しいかもしれないから、勇気を出して

捕まえました」と、届けてくれました。

昆虫に詳しい Kさんがいなかったので、

玄関においてある図鑑で調べたところ

ヤマサナエとわかりました。

丘陵や山に生息し、細流付近の林縁で見

られることが多いそうです。

天王森はまさにその場所です。

 

可愛い!!

 

 

 

 

2月ごろから咲き始め、まだそこここに姿を見せているホトケノザ。

よくよく見ると可愛いキャラクターに見えます。

なんて名前をつけようかな? 

赤いお鼻のホトちゃんかな。

公園の道端で見つけました。

定例観察会

5月2日の定例観察会では、裏庭でコチャバネセセリや、鳥に襲われたのでしょうか、翅の欠けた

ヒメウラナミジャノメが観察されました。

植物調査

くわくわ森はキンラン、ギンランが今一番

見頃です。 毎年この時期に調査をして株数

を確認します。

いつもはキンランが咲き、しばらくしてから

ギンランが咲いていましたが、今年はほとんど

一斉に咲いています。 

調査をしながら、手入れをした甲斐ありと

喜んでいます。

1週間ぐらいで終わりますので、

早めに見に来てください。

天王森泉公園からのお知らせ

天王森産ジャコウアゲハ

続きを読む

今年は特別!

 

 

 くわくわ森の上の舗装道路を歩いていると、

 オオアラセイトウ(ムラサキハナナ)の群生が見られます。

 

 毎年、花がきれいに咲くように時期を考えながら草刈りを

 しますが、なかなかきれいに咲きそろいません。

 でも今年は見事に紫の絨毯ができました。

 

 4月になってからはハナニラが加わり、紫と白の色合いが

 森の中央口から見られます。

たけのこ祭り

 

4月9日(日)はたけのこ祭りでした。

雨にも負けず来園者多。

お迎えする方は、天気が悪いのに来て頂いてと張りきりました。

タケノコ掘りの体験は、お子さんのいる家庭に限定されましたが、完全装備で参加して大きなタケノコをゲットされていました。

桜吹雪と花筏

 

[野の花苑]を覆う古木のヤマザクラ、無情にも雨と風とで花見も終わりです。

でもその前に素晴らしい景色を見せてくれました。

雪と思うほど散る花びらと、池の水面に現れた花びらの流れを花いかだと言いますが、とてもきれいでした。

なかなか見れないエナガの様子

 

 

 

 4月6日 エナガが二匹で巣材を集めています、クモの糸を使うことは知っていましたが、こんな所から集めていたのね。 きっと森の中の何処かに持っていくのでしょう、いっぱい咥えて二匹で飛んでいきました。

 次の日も森の中で見かけました。近辺では猛禽も活動しており、林床に鳥の羽が散らばっている所をよく見かけます、きっとふかふかのベットが出来上がるのでしょうね。

やっと咲いたアマナ

 

4月3日

やっと春らしい陽気になってきました。

館裏庭[野の花苑」では古木のヤマザクラが花開き

ました。 花色が白に近い薄ピンクなので、下から見上げても分かりずらいのです。

弁天坂や見晴らしの丘から眺めて下さい、大きな枝ぶりが、野の花苑を覆っています。

写真はアマナです。 4年前に植えてから、細い葉だけ出ていたのですが、今年やっと花を咲かせました。

野草が新しい場所に根付くのには、時間がかかるものだと思いました。