公園の自然[ 風景 ]  [ 植物 ] [ 生き物 ]

[ 風景 1月]


※ 植物、昆虫は1月5日自然観察レポートにも載っています、ご覧ください。


[ 植物 ]

冬の森は少し干からびたガマズミの実と、マユミの美濃からのサーモンピンクのだけでしたが、1月に入り

ソシンロウバイの、ロウ細工の黄色と馥郁たる香りが加わってきました。


河津桜 カワヅザクラ見晴らしの丘12/1

いつもは2月に咲き始めるのに、えださきには5〜6輪付いていました。

花言葉は思いを託します」「淡泊」「純潔」「優れた美人」「精神美」


素心蝋梅 ソシンロウバイ森北入口 1/4

ロウ細工のような花びら、漂う香り、冬に欠かせない花です。1月から2月いっぱい

冬の寂しい風景の中で、温かさを感じさせてくれます。蕾を乾燥させたものを煎じて「鎮咳(ちんがい)」や「解熱」に用いられることがあります。また、乾燥させた蕾を食用のごま油に漬けたものを「やけど」に使うこともある。花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」



真弓 マユミ 見晴らしの丘 12/1

昔、丸木弓を作ったことから名付けられました。枝葉良くしなります。

今年森のマユミには実がつきませんでした。木材は櫛,寄木細工,家具,印材などに使用される。花言葉は「あなたの魅力を心に刻む


吉祥草 キチジョウソウ 12/1

植えておくと家に吉祥がもたらされるとか

吉祥があると花が咲くとか言われていますが、根拠はありません。冬に赤紫色の実になります。中国では咳止めとして用いられることがある。また、止血、強心薬、傷薬に効果があるそうです。花言葉は「吉事」「よろこび」「祝福」「祝意」



ガマズミ くわくわ森 1/4

森に残っている最後の実がガマズミです。

野鳥はまず黒い実(ネズミモチなど)から食べ始め、紫、黄色と進み最後に赤い実を食べます。あまり好みではないのでしょうが、食べるものがなくて仕方なしに食べるようです。

私たちは、この実を焼酎につけ赤な色のおいしい果実酒を作ります赤い果肉には「アントシアニン」と呼ばれる赤色のポリフノールが多く含まれ、血液をサラサラにする効果や、高血圧や動脈硬化の予防、老化防止も期待できます。また、ビタミンCやクエン酸も多く含まれ、疲労回復や肌荒れ防止もサポートします。花言葉は「結合」「私を見て」「私を無視したら死にます」




[昆虫・爬虫類・その他 ]観察範囲を田んぼ、遊水地、和泉川まで広げています

1月は昆虫が少ないです。

シマアメンボ 森西側側溝 1/13

メジロの巣 館裏庭カエデの木

10cmぐらいの大きさです

キイロテントウ 見晴らしの丘 1/5

3.5-5mm

うどん粉病の菌を食べる益虫

クロスジフユエダシャク 森入口

チリイソウロウグモの卵のう 5mm

コミミズク天王森泉公園12/24



[野鳥 ]観察範囲を田んぼ、遊水地、和泉川まで広げています  

アオゲラ 野の花苑せせらぎ脇枯れ木

巣を製作 1/14  photo:Ookuma

コサギ 和泉川  1/9  photo:Ookuma

ヤマガラ 見晴らしの丘 1/8

                                  photo:Ookuma

カワラヒワ 館前田んぼ 1/8

シメ くわくわ森 1/5 photo:Ookuma

エナガ くわくわ森  1/5

モズ♀ 館前田んぼ  1/5

ハイタカ 下飯田遊水地 1/5

イソシギ  境川    1/5

アオサギ 下飯田遊水地  1/5

クイナ  下飯田遊水地  1/5

タシギ  下飯田遊水地  1/5

キンクロハジロ 下飯田遊水地 1/5

カルガモ・マガモ下飯田遊水地 1/5

オオバン 下飯田遊水地 1/5

                          photo : Kurakawa     

アカゲラ くわくわ森 1/4

コゲラ くわくわ森 1/4

タヒバリ 館前田んぼ 1/3

                          photo : Ookuma

コガモ 下飯田遊水地  12/22

                         photo : Ookuma

チョウゲンボウ 館前電柱 番い

                          photo : Ookuma

オナガ 下飯田遊水地

                       photo : Kurakawa  

ツグミ 見晴らしの丘  12/14

                         photo : Ookuma

コガモ    下飯田遊水地 12/8

                        photo : Ookuma