公園の自然・野草の庭【野の花苑】


【野の花苑】古民家の庭にあう野草を育てています。

雑草といわれる花から、株数は少ないけれど山へ行かなければ出会わない花、古民家の庭にありそうな園芸種など、200種以上の花が四季を通して咲きます。

また、花だけでなくいろいろな生き物たちが暮らせるように、チョウの幼虫が食べる木の葉や草、蜜を吸いにくる虫たちの好きな花を育て、バッタが住みやすい草はらを残すなど、他の公園とは少し違う取り組み方をしています。小さな野草園なので株数は少ないですが、自然の豊かさを感じながら楽しんでください。

 

咲いている場所がわかるように裏庭の地図を載せました。日付後に

場所を記入してあります。

ここに載せている花は今見られる花です。記録日が古くても続けて咲いています。

                                     地図をクリックすると大きくなります。👉


秋の花が元気に咲いています。

黄色のキツリフネ、紫色のカリガネソウがせせらぎで群生しています。



田村草 タムラソウ  9/9 裏門下

彼岸花 ヒガンバナ  9/21 斜面地

山杜鵑 山ホトトギス9/6 せせらぎ

台湾杜鵑 タイワンホトトギス9/6 石垣下

白山菊 シラヤマギク  9/6 裏門下

烏の胡麻 カラスノゴマ  9/6 裏門下

実がゴマそっくりなので名付けられた

吾亦紅 ワレモコウ  8/26  石垣下

男郎花 オトコエシ  8/29  石垣下

山保呂之 ヤマホロシ  8/29 せせらぎ

萩 ハギ  8/29  裏門下

角虎の尾 カクトラノオ  9/9 せせらぎ 花虎の尾ハナトラノオと呼ばれています。大型の蝶の蜜源です。

雀瓜 スズメウリ  9/6 裏門下

8mmの小さな花で、実は白っぽく1cm大です。

水引 ミズヒキ  8/20  せせらぎ

タデ科

銀水引 ギンミズヒキ  8/29  せせらぎ タデ科 白い花から銀とつけられました。

金水引 キンミズヒキ  9/6 石垣下

バラ科 上の2つのミズヒキとは違う仲間ですが、感じが似ているのでつけられました。

釣鐘人参 ツリガネニンジン  8/20 裏門下

姫ひまわり  9/6 広場左

秋明菊 シュウメイギク  8/2  裏門下

禊萩  ミソハギ  8/2  裏門下

雁金草 カリガネソウ 9/6 せせらぎ

川緑 カワミドリ 7/4 広場中央

ハッカ系の香りがする植物で、生薬としても使われます。チョウやハチの蜜源として育てています。

メドーセージ  9/9 堆肥箱横

昆虫の蜜源として育てています。

山紫陽花 ヤマアジサイ  9/6 石垣下 白っぽい花に見えますが、これは

葉で、斑入りの状態になっています。

芙蓉 フヨウ  9/21 裏門下

ジンジャー  9/3 斜面地

現の証拠  ゲンノショウコ  7/20 

石垣下 関東地方は白花が咲いていました。生薬として使われていますが、

草木染めで渋いグレーが染まります。

現の証拠  ゲンノショウコ  7/20 

石垣下  赤花は関西地方に咲いていましたが、10年くらい前からここで咲いています。

桔梗 キキョウ 8/26 各所

黄釣船 キツリフネ 7/4 せせらぎ

6月ごろから9月ごろまで順に咲きます。膨らんだタネに触るとピョンと跳ね飛びます。

藪茗荷 ヤブミョウガ 6/30 せせらぎ ミョウガに似ていますが、ツユクサの仲間です。

大根草 ダイコンソウ 6/30 

裏門下 

草王 クサノオウ 3/31 石垣下

有毒植物ですが、皮膚疾患の薬でもあります。葉や茎から黄色の乳液を出します。

秋海棠シュウカイドウ 8/29 

石垣下



🌸野の花苑 月ごとの花地図🌸


1月~2月の花

ダウンロード
1〜2月.jpg
JPEGファイル 511.0 KB

3月~4月の花

ダウンロード
3〜4月.jpg
JPEGファイル 527.6 KB

5月~6月の花

ダウンロード
5〜6月.jpg
JPEGファイル 554.7 KB

7月~8月の花

ダウンロード
7~8月.jpg
JPEGファイル 548.0 KB

9月~10月の花

ダウンロード
9~10月.jpg
JPEGファイル 566.6 KB

11月~12月

ダウンロード
11~12月.jpg
JPEGファイル 510.1 KB


姫向日葵 ヒメヒマワリ  8/20  広場左